ヒストリー

LUCYブランドは1990年代に、弁護士として活躍していた“LUCY・GOES”(デザイナーのルーシー)が、ブラジルモード界に、デビューした事から始まります。
彼女のコンセプトは、従来のブラジルファッションのカラフルな色彩に加え、デザインのユニークさ、思わず手にとってしまうような可愛さにあります。

イメージターゲット

Lucy in the skyのクリエイティブなデザインは、
開放された楽しいイメージのものが多く、
最初のコレクションから、すぐに若い女性の支持を集め、毎年リオのファッションウィークの常連であり、サンパウロを中心に国内の高級ショッピングセンターに直営ショップ展開を行っています。
近年では、海外のバイヤーにも注目されており、ニューヨーク、ロンドン、ドバイのセレクトショップにも販売網を広げ続けています。

Lucy in the skyのイメージターゲットは、大人の女性として自立している女性。
しかしその精神性は、いつまでも少女の心を失わないピュアな女の子をイメージしていると彼女は言っています。

Lucy in the skyブランドのもう一つの特徴は、
Lucy in the skyのイメージキャラクターにも
なっているルーシードールです。→→→→→

キャラクター

ルーシードールは、ブラジルの底抜けの明るさとオリエンタルの持つはにかみの部分を持っている、いわばハーフの女の子です。
ルーシー自身も、驚くほどはにかみ屋さんで、彼女のコレクションには必ず、このオリエンタルなプリントが含まれています。
また、エコロジーにも関心が高く、従来のレザーではなく、素材を自然の植物繊維から作った物を使い、国内ではエコレザーとして、高い評価を得ています。
Lucy in the skyは、社会奉仕の一環として、年末にはLUCYの製品を、孤児院に送ったり、世に出る前の無名のシンガーにも提供しています。